こねこのごはん
かわいいこねこのふんわりとした日常


プロフィール

演劇ユニット かわいいこねこ

Author:演劇ユニット かわいいこねこ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんとなく倫理主義(川本恭平)
「大衆という言葉に甘えて罪に加担しているかもしれない。」
そんなことを弟が言って頭を悩ませています。

いわゆる途上国の人たちの生活を蝕むことで、先進国の恵まれた環境を享受しているという思想。

毎朝、朝ごはんが食べれること。
そのことに疑問を抱かずに日々を過ごしてしまっている。
それは罪ではないのか。そういうことです。

僕はこう答えます。
「自分のことも碌にできないうちはそんなことも言えない。頭でっかちの思想だ。」

しかし僕自身、問題意識を持って生きることを忘れてはいけないと思っています。
社会には自分の気付かない、日常の中で淘汰され疑問にも思わないような問題やその構造がある。それを考え、問題と向き合おうと努めること、それは演劇の役割であるとも思います。
ただ、そんな偉そうなこと言っておきながら、寝坊して起きた時やるせない気持ちになる。
社会人ならそう簡単に寝坊しないだろう。そう思い落ち込む、そしてそれを埋め合わせるために、遠く恵まれない人のことを考えて少しでもわかろうと努力する。
そんなことして満足する。そういう構図の中で暮らしています。

これを倫理主義と言ったりするようです。
名前をつけると一言で済みます。

色々な事象を考え相対化したとき、もはや何が正しいかよくわからなくなるときがあります。
何が正しいか判断する時もやはり主観になってしまう。
そんなことを考えて脱構築をくり返す。

僕は客観的真理を持ち合わせているわけではありません。
いわば、「わからないことがあるのです。」と、何か世界をよくする具体案を提示するでもなくブログにしたためて満足しているだけです。
それでも、ここに書く意味があるような気がして書きました。

演劇もなんとなく意味があるような気がして、関わっています。
時に熱く、時に冷静に物語が膨らんでいます。

11.24 川本恭平
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaeconeco.blog.fc2.com/tb.php/3-6f3a8b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。